矯正歯科治療の今後

最近は歯並びを整えることは、見た目を良くするだけではなく、全身の歪みを改善するなど、全身に影響を及ぼすということも知られており、矯正歯科治療を受ける人がどんどん増えてきています。子どもに矯正歯科治療を受けさせるという人も多くなっていますが、成人になってから矯正歯科治療を受けるという人も多くなってきています。 今後は、この傾向はますます高まってくると考えられています。それに伴って欧米に比べて遅れていると言われている日本の矯正歯科治療も進んでいくと考えられます。治療に使われる装置は、海外から輸入しているケースが多いのですが、今後は日本製の装置の普及も期待されます。

矯正歯科治療は、矯正期間が終わればそれで終了というわけではありません。歯並びが整った状態を維持するためには、一定期間保定装置を使用する必要があります。保定装置を使用しなかった場合、せっかく整った歯並びが元の状態に戻ってしまう可能性もありますので、注意が必要です。使用する保定装置は、リテーナーと呼ばれるもので、取り外し可能なタイプと取り外しが出来ないタイプがあります。矯正治療終了後、1年間は後戻りしやすいため、使用する必要があります。それ以降は、様子を見ながら徐々に使用する時間を短縮してい供養にします。矯正治療に要した期間と同じ期間が1つの目安となりますが、場合によってはより長期間使用する必要がある場合もあります。